コラム

2018年01月05日

お中元を渡す時期について!

日本では、人生の節目のお祝いや感謝の気持ちを伝えるために贈り物をするという文化が根付いています。
その贈り物には、贈る時期や品物の種類など様々なマナーがあります。お世話になっている方へ半年間の感謝の気持ちを伝えるために贈られるお中元は、地域によって贈る時期が異なります。


そもそもお中元とは? なぜ夏の時期に渡す?
そもそもお中元は、本来は贈り物をするための風習ではありませんでした。「中元」とは、元々は道教の風習の一つであり、人間の贖罪を行うための日とされていました。
その日は、一日中火を焚くお祭りをするのが習わしでしたが、日本ではお盆と混同し、知人親類が集まることから贈り物をする風習が生まれたのです。


地域ごとのお中元時期の違いについて
お中元は、7月~8月の間に贈られることがほとんどです。しかしながら、その詳細な時期は、前述したように異なります。
例えば、関東と東北では、7月1日から15日の間にお中元を贈ります。逆に、北海道や東海、関西、中国、四国といった地域では7月中旬から8月15日の間にお中元を贈るのが一般的です。
北陸は地域によって微妙に異なり、新潟県と金沢市では7月1日から15日の間、富山県や金沢市以外の石川県では、7月15日から8月15日の間に贈ることがよいとされています。九州は8月1日~15日で、お盆の時期とちょうど重なります。沖縄県のお中元は7月13日~15日と最も短く、旧暦のお盆にお中元を贈るのが普通のようです。
もし、うっかりお中元を贈り忘れてしまった場合は、時期によって暑中見舞い、もしくは残暑見舞いとして贈ることもおすすめです。


お中元の時期は贈り先の地域によって異なるので、事前に確認することをおすすめします。お中元やお歳暮には、明宝の贈答用ハムを贈りませんか?明宝ハムは、国産豚のもも肉を昔ながらの製法にこだわって丁寧に作っています。
「懐かしい味がして美味しい」と評判です。安心・安全にこだわり、保存料・着色料・酸化防止剤、増量剤は使用していないので安心してお召し上がり頂けます。贈答用ハムは、おすすめの商品を詰め合わせたもの、化粧箱にお客様のお好みの商品を詰めてお届けできます。贈答用ハムをお探しの際は、是非明宝ハムをご利用ください。

≫お問い合わせはこちらへ

PAGE TOP PAGE TOP
今すぐ購入
明宝ハム
オンラインショップ