月刊
お料理レシピ

2020年2月 明宝ハムの酒粕和え

円相カド
料理人 市岡大輔

家飲みにかかせないおつまみです。特に日本酒によく合います。
1週間ほど冷蔵庫で保存できます。

  • 材料(2人分)
  • 作り方

明宝ハム 100g
酒粕衣 100g(酒粕の入ったわさび漬けなどの既製品でも可)
板海苔 適量


酒粕 50g
料理酒 20cc
西京味噌 50g
らっきょう甘酢漬け 60g
淡口醤油 5cc

1. 煮切り酒を作る。料理酒のアルコールを飛ばし、冷ましておく
2. 酒粕衣を作る。酒粕に煮切り酒を入れてふやかしておき、らっきょうはみじん切りにしておく
3. 残りのAの材料と良く混ぜ合わせておく
4. 明宝ハムはお好みの厚さにスライスし、2の酒粕衣に漬け込んでおき、一晩以上寝かす
5. 板海苔はガスコンロなどで軽く炙り、食べやすい大きさにカットして漬け込んだ明宝ハムを巻いて完成(酒粕衣も一緒にのせる)
※料理酒の代わりに古酒などの香りある日本酒を代用しても一風変わって美味しくお召し上がり頂けます。

煮切り酒を作る

酒粕をふやかす

明宝ハムと酒粕衣を混ぜる

一晩以上寝かす

円相 カド
料理人 市岡大輔

ホームページ https://enso.ne.jp/ensokado/

関連記事一覧

オススメ記事