月刊
お料理レシピ

2019年1月 明宝ハム入り伊達巻

大垣フォーラムホテル
和食料理部顧問 坪井健二

お正月には欠かすことのできない、伊達巻です。明宝ハムをたっぷり入れて華やかさが一層きわだち、お子様から大人まで大好きな一品になりますよ。

  • 材料
  • 作り方

明宝ハム 70g
卵 4個
はんぺん 1枚
砂糖 40g
鰹だし汁 150cc

1. 明宝ハムをさいの目に切る。
2. 明宝ハム30gとその他の材料全て、ミキサーに入れて混ぜる。味見をしながら調整する。
すこし甘目が美味しいです。
3. たまご焼き用のフライパンをよく熱してから油を敷き、2.の玉子地をフライパンに流し入れ、残りの明宝ハムをまんべんなく散し入れ、箸で泡をつぶしながら、極弱火にして約5分位焼く。上からも火を当てながら全体に火を通す。約10〜15分位が目安です。
(砂糖が多めに入っているため焦げやすいので火力には充分ご注意)
ご家庭では下側が焼けてから グリルなどに移して上からも火を通してください。
4. 火が通ったら、巻き簾に取り、熱いうちに手前から巻き込み輪ゴムでしっかり止めておく。冷めたら 適当な大きさにカットする。

ミキサーに入れて混ぜる。

箸で泡をつぶしながら、極弱火にして約5分。

上からも火を当てながら全体に火を通す。

熱いうちに手前から巻き込み輪ゴムでしっかり止めておく。

大垣フォーラムホテル
和食料理部顧問 坪井健二

関連記事一覧

オススメ記事