安心・安全宣言!

HACCP(ハサップ)の導入

みなさまに安心・安全な食品をお届けするために

HACCP(ハサップ)の導入HACCP(ハサップ)とは「危害分析重要管理点方式」のことを言い、食品の製造工程における危害の要因を抽出分析し、問題があった点を特定し、もっとも効率よく衛生的に管理できる部分を継続的に行うことで安心・安全を確保する管理手法です。
そのため、製造工程内において異常が発見された場合、即時に対策・改善ができるため、安心・安全な食品の製造が可能となります。

明宝ハムとしての取り組み

食品の安全管理へ

食品の安全管理明宝ハムが製造した商品が、お客様に不良品として行き渡らないよう未然に防いでいます。
商品の製造工程内における異常発生を防止し、それを管理・改善して安全な商品がお客様へ届くように取り組んでいます。

安心・安全な食品を作り続けること

高まる食品に対しての意識

食品HACCP推進賞明宝ハムは、お客様が安心・安全な食生活が送られるよう製造工程において、HACCP(ハサップ)をとり入れております。そして、この取り組みが評価され平成19年11月7日に岐阜県より「食品HACCP推進賞」を受賞しました。
近年、食品に対する見方が厳しくなっています。より安心・安全な食品を製造するという意識を高め、お客様が明宝ハムを安心して食べていただけるようにこれからもHACCP(ハサップ)に基づき徹底した管理を行っていきます。

クリックしてこのページをプリントアウト クリックしてこのページの最上部へ