会社沿革

会社沿革

昭和63年1月
昭和28年から、明宝村の地で育てられてきた手作りハムを、全国の皆さんに親しんでいただけるようにと会社を設立し、事務所、工場(850m2)を建設する。
昭和63年5月
「価値あるうまさ」をキャッチフレーズに、県内を中心に販売開始。
平成元年12月
磨墨の里公園内に直営のミート店を開業。
平成4年7月
本社工場横に第二工場(745m2)を増築。
平成13年5月
高山市内にアンテナショップ「は〜む舎」を開業。
平成16年3月
郡上市合併(7町村)。合併に伴い所在地を「岐阜県郡上市明宝気良47-3」に変更。
平成16年12月
「明宝温泉開発(株)」の株式100%引き受け(440株2,200万円)。
平成16年12月
「(株)明宝マスターズ」の株式100%引き受け(200株1,000万円)。
平成18年1月
高山市内のアンテナショップ「は〜む舎」閉店。
平成21年6月
「明宝温泉開発(株)」の株式10%を一般社団法人明宝へ譲渡。
平成23年5月
代表取締役の高田 徹が取締役会長に、取締役専務の蒲 昌範が代表取締役に就任。

クリックしてこのページをプリントアウト クリックしてこのページの最上部へ